日本海信用金庫ロゴ

その他のサービス

基本方針

日本海信用金庫の基本方針についてご覧いただけます。

基本方針

基本理念

日本海信用金庫は、地元を愛するとともに豊かな自然とすばらしい故郷が将来に亘り継続するよう願っています。
また、それを次の世代に引き継いでいくことが社会的責務と認識します。
そのために、役職員一人ひとりが日頃から職務を通して環境保全に取組みます。

基本方針

当金庫は、環境問題に関する取組みをより積極化し、次の3つの役割を発揮していく。

1. 事業活動における環境負荷の低減をめざす
 当金庫は、電力使用量の管理・削減のほか、ガス、ガソリンなどのエネルギー使用の管理・抑制、ゴミの減量やコピー用紙使用量の管理・抑制など、事業活動における環境負荷の低減をめざし、企業市民としての責務を果たすことに努める。
2. 本業(金融)を通じて環境問題に取り組む
 当金庫は、環境問題への対応を重要な経営課題のひとつに位置付け、環境配慮型金融商品や環境格付等に基づいた融資の取扱いなど、成長分野である環境関連事業に対するファイナンス機能を発揮し、本業(金融)を通じた取組みに努める。
3. 環境保全活動等を通じて地域社会貢献に努める
 当金庫は、海岸、河川等の清掃活動や森林保護活動など、地域の環境保全活動、資源保全活動への積極的参画を通じて、地域社会の一員として地域社会貢献に努める。

当金庫の主な取組内容

事業活動において環境負荷の低減
コーピー用紙、粗品等エコ商品の活用
エコドライブ・アイドリングストップ等の励行
エレベーターの使用を極力抑え、階段を利用する
建物照明設備のLED化クールビズ・ウォームビス等を実施し環境問題に対する政府取組の参加
金融業務を通じての環境問題への取組み
カーローン(エコカー)・住宅ローン(エコ設備)等のエコ商品での金利割引
環境保全活動を通じての地域社会貢献
海岸清掃等のボランティア活動
「森づくりは海づくり」への参加

日本海信用金庫
理事長 小川 義弘

日本海信用金庫は、地域の「責任金融機関」としてその使命を具体的に果たすために、地域密着型金融の取組み、単なる金融支援だけでなく、事業そのものの再生支援の必要性を最重要項目と位置づけ実践してまいります。

  • 地域からの
    信頼
    • 地域やお客様の課題に向き合い、その解決に向けて価値ある提案ときめ細やかな支援により、お客様に信頼される信用金庫となる。
  • 経営基盤の
    確率
    • リスクと収益のバランスをとりながら適正利益を確保し、地域金融機関としての強固な経営基盤を確率する。
  • いきいきとした
    職場づくり
    • 職員に夢と希望を与え、活力と働きがいのある信用金庫となる。
    • 地域やお客様の課題に向き合い、その解決に向けて価値ある提案ときめ細やかな支援により、お客様に信頼される信用金庫となる。
    • リスクと収益のバランスをとりながら適正利益を確保し、地域金融機関としての強固な経営基盤を確率する。
    • 職員に夢と希望を与え、活力と働きがいのある信用金庫となる。

日本海信用金庫は次の三つを柱として事業を推進する。
そのために役職員は協力して凡ゆる手段を尽くし業容の拡大と内容の充実に努める。

  • 地域の発展と
    会員・顧客への
    サービス向上に
    努める。
  • 堅実経営に
    徹する。
  • 職員の資質と
    福祉の向上を
    図る。